オンラインレッスン

緊急事態宣言の発令に伴い、4月8日(水)~5月6日(水祝)まで、伊藤ピアノレッスンスタジオでは全ての対面レッスンを休講しています。

対面レッスンの代わりに、ご希望の生徒さんには、期間中のレッスンは、オンラインレッスンへの切り替えでの対応を始めています。

オンラインレッスン第一号は、高1の○○ちゃん オンラインレッスンは基本的にZoomを使用してのレッスンを予定していましたが、本人の端末が重くダウンロードができないとのことから、LINEのビデオ通話を使ってレッスン。

音質に関しては、正直期待できるものではありませんが、普段のレッスンでの生徒さんの音質や演奏の特徴から想像力を働かせ、神経を研ぎ澄ましレッスン。OOちゃんは普段のレッスンでなかなか聞き入れてくれないような細かなアドバイスや指示を素直に受け入れてくれる事が頼もしかったです。来週もオンラインレッスンを「する!」と楽しそうにレッスンを終了。

他にも、Zoomを使ったオンラインお試しレッスンを、小3、中2、中3、高2、大人の生徒さんにそれぞれ15分程度ずつさせて頂きました。

「思っていた以上に分かりやすかったです」「音の遅れはあまり気にならなかったです」「子供たちのレッスンも違和感なく、指摘がすごく的確で、先生の方には音質良く聞こえているのかと思っていました」など、ご感想を頂きました。

私も不慣れで、途中で一度だけ私の画面が飛んでしまうハプニングがありましたが、オンラインレッスンの良い面も感じることができました。

どうもありがとうございました☆

88!!

ピアノの鍵盤の数は88鍵!

5月3日(日)の伊藤ピアノレッスンスタジオ 【ピアノ発表会】まであと88日!!今日でピアノの鍵盤の数と同じ数字になりました。

いよいよカウントダウンの始まりです!

せっかく練習するのであれば、ただ練習するだけではなく、練習の「目的や目標」をいつも決めて練習に取り組み、その努力の結果の積み重ねが自分の力になることを信じて感じて一緒に頑張りましょう!(発表会があってもなくても大切なことですね)

 

 

おさらい会

昨日、伊藤ピアノレッスンスタジオでは5月3日(日)の発表会に向けて本番と同じホールで〈おさらい会〉を行いました。

今回〈おさらい会〉の趣旨は、教室として初めて使用するホールのピアノを弾くことで、ホールのピアノや雰囲気を予め体験してもらうこととし、曲を仕上げて全員が参加するリハーサルとは性格を異なるものにしました。

初めて発表会に参加する生徒さんからレッスン歴約14年の生徒さん。大人の生徒さんまで発表会に出演予定の生徒さんの約半数が参加(任意参加)し、「冬休みのレパートリー」や普段のレッスンで仕上げた曲、発表会で弾く曲などを弾き合いました。

緊張していたり、初めて弾くホールのピアノや雰囲気に戸惑ったり。曲を弾いているうちにだん慣れてききたり。普段通り弾いている生徒さん、普段よりも堂々と弾く生徒さんと十人十色。

ホールでの生徒さんたちの演奏は、普段レッスン室で聴くよりも一人ひとりの音の個性を明確に聴き取ることができ、私自身も貴重な経験をさせて頂きました。

参加した生徒さん、保護者の皆様、スタッフのJさん、どうもありがとうございました。

練習の質

伊藤ピアノレッスンスタジオでは、オリジナルの練習表を使用して生徒さんの練習状況を把握しながらレッスンを進めています。

昨日の○○さん(小3)のレッスンで、発表会で弾く曲を聴いていて気がかりな点が多かったので、弾き終わった後に練習表を見ながらこの一週間の練習について一緒に振り返ってみました。

いくつかの質問をすると案の定、練習はしているけど質の良い練習ができていないことが判明。正直者の○○さんは、「テキトーに弾いちゃってた」と言ったのです。

本人にその自覚症状がある場合話は早く、今後の練習(質の確保)について具体的に話をし、実際にその場で伝えた通りに練習してみてもらいました。これは練習のやり方の練習ですね(笑)初めはうまくいかず集中力を欠く場面もありましたが5分もすると要領を得た様子。

○○さんは「これならできる」と言い、その表情からも真剣さが伝わってきたので、自宅練習でも直ぐに練習のやり方を思い出せるように付箋に書き楽譜にペタリ!

伊藤ピアノレッスンスタジオでは、生徒さん一人ひとりの年齢、ピアノ歴、環境や状況など必要に応じて練習方法や練習内容を見直し、具体的に指導することを心がけています。

来月から塾通いも始まる○○さん。効率が良く質の高い練習方法を身に付け、ピアノとの両立ができるように応援していきます。

ジョージアの味

最寄り駅近くの松屋(牛丼のチェーン店)の前を通りかると、新商品を宣伝する垂れ幕に大きく書かれた「ジョージア料理」の文字が目に飛び込んできました。

ジョージアとは、南コーカサスにある共和制国家で首都はトビリシ。東ヨーロッパまたは、西アジアに区分さています。

「ジョージア 地図」の画像検索結果

彼是数十年前、私が高校から大学に進学する時期にヴィルサラーゼ先生のが弾く《ショパン練習曲集》のCDを聴き、その演奏に衝撃を受けて以来、先生の演奏と演奏芸術に対する思いに惹きつけられています。

つい先日、1月13日(月・祝日)に神奈川県立音楽堂で行われたリサイタルも拝聴したばかり。その演奏は今も脳裏から離れないほどの強烈な衝撃と感動を私にもたらしました。

ピティナ ピアノステップ(よこはまみらいⅡ地区)

一昨日(11月24日(日))ピティナ ピアノステップ よこはまみらいⅡ地区のスタッフとして運営のお手伝いと、参加した伊藤ピアノレッスンスタジオの生徒さん2名の演奏を聴いて来ました。

会場は、上大岡のひまわりの郷ホールで、音響がとても良く演奏しやすそうな印象を受けました。

G.K.くんは、基礎3でステップ参加(ステップは2回目の参加)
課題曲《闘牛士》バスティン作曲
自由曲《アングレーズ》L.モーツァルト作曲を演奏。
課題曲では、少々緊張気味の様子でしたが、自由曲ではのびのびとした音で質の良い演奏を聴かせてくれました。

S.K.くんは、応用編4で参加(ステップは4回目の参加)課題曲 ツェルニー100より80番
自由曲 《ソナチネ》ニ長調 Op.36-6より第一楽章を演奏。
演奏開始までの待ち時間には、随分緊張していたようですが、2曲とも軽やかで綺麗な音で弾けていました。
《ソナチネ》では少しハプニングがありましたが、冷静に対処できていたのが好印象でした。

また、途中の山田剛史先生によるトークコンサートが2回あり拝聴させて頂きました。初めて聴く曲が多々あり興味深く聴くことができました。
(山田先生には、伊藤ピアノレッスンスタジオの生徒さんでもあるC.I.さんが東京学芸大学で現在師事されています)

二人の努力の成果と成長が客観的に見ることができ、充実した時間を過ごすことができた一日でした。

「頑張る」と「努力」

普段からレッスンで良く使う言葉の一つに、〈頑張って〉〈頑張ろう〉〈頑張ってね〉があります。

最近、これらの言葉に加えて〈努力してね〉〈努力しましょう〉を意識的に使い分けることがあります。

「頑張る」と「努力」を意識するようになったきっかけは失念してまったのですが、何か読み物をしているときに引っかかった気がします。

ここで辞書に書いてある、「頑張る」と「努力」の意味・解説をご紹介。

「頑張る」

広辞苑 ①我儘を通す。「間違いないと_・る」②どこまでも忍耐して努力する。「成功するまで_・る」③ある場所を占めて動かない。「入り口で_・る」

大辞林 ①あることをなしとげようと、困難に耐えて努力する。「_・って店を持とう」「負けるな_・頑張れ」②自分意見を強く押し通す。我を張る。「ただ一人反対意見を述べて_・る」③ある場所を占めて、動こうとしない。「入り口には守衛が_・っている」

新明解国語辞典(一)(A)困難にめげず、最後までやり通す。(B)外圧などに屈せず、最初から△発言(沈黙)を守り抜。(二)持てる力をフルに出して努力する。(三)ある場所を占拠して、絶対動かないという姿勢を見せる。「入り口に_」

「努力」

広辞苑 目標実現のため、心身を労してつとめること。ほねをおること。「休まず_する」「_家」

大辞林 心を込めて事にあたること。骨を折って事の実行につとめること。つとめはげむこと。「目標に向かって_する」「_のたまもの」

新明解国語辞典 _する〔「努」も「力」も一生懸命やる意〕ある目的を達成するために、途中で休んだり怠けたりせず、持てる力の全てを傾けてすること。「_が実を結ぶ/_の跡がうかがえる/_を△重ねる(尽くす・怠る)/一層の_を払う/_の人/_家」

「頑張る」と「努力」を比べて見ると、普段何気なく使っている「頑張る」と「努力」では前者は、激励のニュアンスが強く、後者の方が、何かを具体的に頑張って欲しいときにかける言葉としてより適切な場合が多い気がしてきます。(あくまでも私の私見です!)

どちらを使ってやる気を促す場合でも、漠然とした言い方では何を指して言われているのか理解できていない生徒さんもいるのが現実で、より具体的に、「左手は和音のキャラクターが表現できるように、属七がしっかり響くように、音を良く聴いて、前後の音との差をつける努力をしましょう」のように的確に指示をする事の方がやはり大事になってきます。

意識していないとどうしても「頑張ってね」が出てきてしまいますが・・・。

声掛け一つ取ってみても、色々と考えさせられます。

※参考 広辞苑(岩波書店・第6版)大辞林(小学館)新明解国語辞典(第5版)より

合唱コンクール

芸術の秋が到来。生徒さんが通っている中学校では来月合唱コンクールが行われます。

矢向中学校2年生H.I.くん(2年連続)、3年生Y.K.さん(3年連続)がピアノ伴奏を。南加瀬中学校3年生H.T.さんは指揮者(23年連続)を務めます。

伴奏や指揮だけではなく、合唱の各パートにも大切な役割があります。

一人ひとりがそれぞれの役割をしっかりと自覚し、三位一体の素敵なハーモニーを奏でられることを切に願います!

 

ぐにゃぐにゃ

ピアノを始めて間もない幼いお子さんの多くは、まだ手指の関節が弱くピアノを弾くときに、指の第一関節と第三関節が「ぐにゃり」と凹んでしまうケースが多くあります。

私は、第一関節を「指のおでこ」を出す。第三関節は「ホネのお山」を出す。と呼んで指関節を理想の形に導く声掛けで指導をしています。(写真、①第一関節、③第三関節)

指関節の強さにも個人差があり、もともとしっかりしているお子さん、声掛けをした直後はできるお子さん、一度や二度の声掛けでは全く改善しないお子さん、など様々です。レッスン中は、理想の手指にするための声掛けを適宜しています。

しかし、自宅練習の際のにお家の方(特にお母様)が手指の形について指摘をされると、お子さんは理想の形とは言えない形で弾いていても「できてるもん!」「やってるし」と反発してくるとのお話をよく耳にします。

そんなときは、口うるさく何度も指摘するよりも、理想の形とは程遠くても、「良い指の形だね!」と声掛けをすると、ピッと良い形になる場合もあります。但しこの声掛けは一度してみて効果がなければそれ以上はやめておきましょう。シンプルに、「ぐにゃぐにゃ指になってるよ」とさらっと指摘してあげても良いと思います。

最近、レッスン中にもシンプルに、「ぐにゃぐにゃ指だよ」と指摘す方が、「指のおでこ」「ホネのお山」と指摘するよりも、直観的に「理想の手指の形」に直すお子さんがいることに気付きました。

※なぜ「理想的な手指の形」で弾いた方が良いのか。簡単に言ってしまえば、「ピアノを弾くために必要な動作によるエネルギーを、ロスすることなくなく効率的に鍵盤に伝える」ためです。

「理想的な手指の形」作りへの一助となれば嬉しいです。