Category Archives: 生徒さん

干支が一回り!

横浜市鶴見区江ケ崎町の伊藤ピアノレッスンスタジオのブログです。

~・~・~・

伊藤ピアノレッスンスタジオで12年間レッスンを継続した高校2年生(新3年生)のIさんが3月27日(土)本教室を卒業していきました。

大学受験を控え高校2年生いっぱいで教室を卒業することは、2年生になった時点で本人から聞いていたので、昨年末に最後のレッスンでは何を弾きレッスンを終えたいか希望を聞き、3月27日の最後のレッスン日に向けて練習を重ねてきました。

Iさんが選んだ曲は、ショパンの《別れの曲》約3カ月で何とか形にし、無事に卒業していきました。

最終日にIさんからもらっつた手紙には「無事大学に合格したらまたレッスンを再開したいです!」と嬉しい一言も !(^^)

本年度は、大学、高校、中学、小学校に進学した生徒さん全員がピアノのレッスンの継続してくれていて頼もしい限りです!

実技テスト!?

横浜市鶴見区江ケ崎町の伊藤ピアノレッスンスタジオのブログです。

~・~・~・

コロナ禍の現在、ピアノレッスンの場にもデジタルツールを活用した場面が増えてきました。

オンラインレッスンをはじめとし、生徒さんの演奏動画を撮影しYouTubeにアップしたり、生徒さんに個別にレッスン動画や演奏動画を送ったり。

学校の音楽の授業にもデジタルツールを活用したり、様々に試行錯誤をしているようです。

某私立高校に通うHさん(高1)は、芸術科目の選択授業で音楽を取っています。今学期は授業でイタリア語の歌を歌う予定だったそうですが、コロナ禍では大人数で声を出して歌うことを避けざるを得ないため、実技テストも行うことが困難となってしまったそうです。。そこで、実技テストの代りに自分が得意な演奏形態(歌う、楽器を弾くなど)で演奏した動画を撮影し、提出する課題が出されました。

Hさんから提出期限3週間前に課題についての話を聞き、その時点で数年前に弾いたモーツァルトの《トルコ行進曲》を弾いて提出すると本人が決めていました。その場で次のレッスン日までにしっかり練習をしてくるように指示しました。

提出期限2週間前のレッスンでまず一回通して弾いてもらったのですが、良く弾けている部分がある反面、そのままではイタダケナイ部分もあったので30分間真剣勝負の猛レッスン!Hさんも真剣そのもので必死についてきます。オクターブがギリギリ届くくらいの手の大きさなので、コーダ直前のオクターブ部分弾くことがかなりキツそうしたので、秘伝の弾き方を伝えました。その場では4割程度しの出来でした。

提出1週間前のレッスン(動画撮影日)は、一番集中し弾くことができると思われる一回目の演奏を一発撮りで撮影してみることに!

その演奏には一週間の練習成果が見事にあらわれていました!しかしいくつかミスもありHさんには納得の演奏でなかったようで撮り直すことに、、、。更にその後は何度撮り直しをしたことか、、、。時間ギリギリまで撮り直しを重ね、一番気に入った演奏を自分で選んで提出してもらうことに。

今回の演奏動画提出課題を通して、練習する目的があることにより普段以上に練習に身が入り、本人に充実感と達成感という貴重な実りをもたらすことを改めて実感させてもらいました。

ちなみにHさんはスポーツ女子でハンドボール部に所属していて、普段の練習量は決して多いとは言えませんが、ピアノが好きでレッスンを続けてくれています。

頼もしいです!

今日現在、伊藤ピアノレッスンスタジオに在籍している高校生の生徒さんは、高1~高3までの9名(1年生 3名、2年生 5名、3年生 1名 ※3年の生徒さんは、大学受験準備のための現在休会中)

それぞれの生徒さんが、学校と部活、塾やバイトなど多忙な生活の中でピアノのレッスンを続けてくれています。

練習している曲や目的は十人十色。

ある生徒さんは、今流行りの『鬼滅の刃』主題歌《紅蓮華》、またある生徒さんは、ショパンの《英雄ポロネーズ》他にも、ショパンの《ノクターン》に《エチュード》、シューベルトの《即興曲》、ベートーヴェンの《ピアノソナタ》モーツァルトの《ピアノソナタ》、バッハの《インヴェンション》《シンフォニア》など。

ずっと憧れていた名曲をいよいよ練習し始めた生徒さんは、これまでの経験と奏法を擦り合わせながら難曲に挑戦。軽音楽部に入り、自分で作曲するために和音進行を勉強したいという生徒さん。音楽を学べる大学受験に向けて準備を進めている生徒さんも。
どの生徒さんも根底には、「ピアノが好き」「弾けるようになる喜び」や「達成感」「ステータス」などの思いがあるようです。

幼少期から習い始めた生徒さんが多いですが、中学生になって習い始めた生徒さんも基礎力を着けることからレッスンを継続中。
そのモチベーションの源は、一人ひとり異なっていますが、それぞれに一歩ずつ着実に歩みを進めています。

一人ひとりの生徒さんが自身にとってのレパートリーを一曲でも多く習得し、一生涯ピアノを楽しんでくれることを願いながら指導させて頂きます!!

おさらい会

昨日、伊藤ピアノレッスンスタジオでは5月3日(日)の発表会に向けて本番と同じホールで〈おさらい会〉を行いました。

今回〈おさらい会〉の趣旨は、教室として初めて使用するホールのピアノを弾くことで、ホールのピアノや雰囲気を予め体験してもらうこととし、曲を仕上げて全員が参加するリハーサルとは性格を異なるものにしました。

初めて発表会に参加する生徒さんからレッスン歴約14年の生徒さん。大人の生徒さんまで発表会に出演予定の生徒さんの約半数が参加(任意参加)し、「冬休みのレパートリー」や普段のレッスンで仕上げた曲、発表会で弾く曲などを弾き合いました。

緊張していたり、初めて弾くホールのピアノや雰囲気に戸惑ったり。曲を弾いているうちにだん慣れてききたり。普段通り弾いている生徒さん、普段よりも堂々と弾く生徒さんと十人十色。

ホールでの生徒さんたちの演奏は、普段レッスン室で聴くよりも一人ひとりの音の個性を明確に聴き取ることができ、私自身も貴重な経験をさせて頂きました。

参加した生徒さん、保護者の皆様、スタッフのJさん、どうもありがとうございました。

練習の質

伊藤ピアノレッスンスタジオでは、オリジナルの練習表を使用して生徒さんの練習状況を把握しながらレッスンを進めています。

昨日の○○さん(小3)のレッスンで、発表会で弾く曲を聴いていて気がかりな点が多かったので、弾き終わった後に練習表を見ながらこの一週間の練習について一緒に振り返ってみました。

いくつかの質問をすると案の定、練習はしているけど質の良い練習ができていないことが判明。正直者の○○さんは、「テキトーに弾いちゃってた」と言ったのです。

本人にその自覚症状がある場合話は早く、今後の練習(質の確保)について具体的に話をし、実際にその場で伝えた通りに練習してみてもらいました。これは練習のやり方の練習ですね(笑)初めはうまくいかず集中力を欠く場面もありましたが5分もすると要領を得た様子。

○○さんは「これならできる」と言い、その表情からも真剣さが伝わってきたので、自宅練習でも直ぐに練習のやり方を思い出せるように付箋に書き楽譜にペタリ!

伊藤ピアノレッスンスタジオでは、生徒さん一人ひとりの年齢、ピアノ歴、環境や状況など必要に応じて練習方法や練習内容を見直し、具体的に指導することを心がけています。

来月から塾通いも始まる○○さん。効率が良く質の高い練習方法を身に付け、ピアノとの両立ができるように応援していきます。

ピティナ ピアノ ステップ

昨日、ピティナ ピアノ ステップ 桜木町5月地区を聴きに、カワイ横浜「プラージュ」へ行って来ました。

参加したのは、私の生徒さんのGくん。今回ステップ初参加でした。

出演したのは第3部で、ピアノを始めて5カ月の小さなお子さんからピティナ ピアノ コンペティションD級(中2以下)を受ける方まで幅広くいらっしゃいました。

出番の直前のGくんの様子を見ると、急な緊張感が出てきたようで、しきりに深呼吸をして気持ちを落ち着かせている様子。

そして出番がやってきました・・・。

一曲目、S.ジョプリン(バスティン編曲)『エンターテイナー』は、レッスンで伝えてきたことが表れていて、とても印象の良い演奏♪

二曲目、バッハ『メヌエット・ト長調』BWV Anh.116は、少々緊張してしまったようで、レッスンで習ったことを一生懸命やろうとして未消化の部分に不安定さが出てしまいました。それでも最後まで止まることなく弾ききることができホッとしました。

Gくん、教室の発表会ではないステージで良く頑張りました!

第2部終了後の講評で、アドバイザーのお一人江崎光世先生が、自分の演奏がイチバンでもいいですが、人の演奏から良い部分を見つけ学ぶ姿勢も大切です。との趣旨のお話をされましたが、大いに共感いたしました。

第3部終了後は、唐川真未先生が講評され、例えば15分練習する場合は、右手3分 左手7分 両手で5分というように、コントロールしにくい左手に重点をおいて練習すると良いですよ。と重要なお話をされておりました。

第3部の前に行われた、ピアニストの小倉貴久子先生のトークコンサートも拝聴することができ、学び多き時間を過ごすことができました。

来月は、町田地区にSくんRちゃん兄妹が参加します♪

 

『エンターテイナー』弾いてるよ!

「Kねー、今エンターテイナー弾いてるよ!」昨日のレッスンで、Sくん(中1)の開口一番の一言。
KとはSくんのお兄ちゃんで現在高校2年生。小学校卒業まで伊藤ピアノレッスンスタジオに通っていました。私立中学に入学し学業と部活で時間の制約ができてしまい、ピアノのレッスン継続は断念してしまいました。

そんなKくんですが、最近よくピアノを弾いているようなんです!

約一ヶ月前に、お母様から「Kが最近『カノン』(パッフェルベル作曲)を弾きはじめています、勉強の合間に気分転換ですって。」と嬉しいご報告を頂きました。

昨日のレッスンで、お兄ちゃん思いのSくんは、「先生に何か曲の楽譜を借りてきてあげようか」とKくんに言ってレッスンにやって来たようで、私もそれならばと、勉強の合間などでも気軽に弾けそうな名曲のアレンジがアレコレ載った楽譜を貸してあげることにしました。

Sくんが帰宅して直ぐにお母様から、「Kに一冊貸してくださったようですみません。高2になり、勉強にもプレッシャーがかかるのか、毎日時間あると弾いてます。」との重ねてのご報告も頂きました。

Kくんは、ピアノを弾くことで、言葉にできない思いや、ストレス。人には言えない思いや、悩みを音に託して吐露し、気持ちの整理をしているんだろうなぁ。などと思いを巡らしてみました。

学業、部活でレッスンの継続を断念してしまっても、それまでのレッスンで身に付けた基礎力でピアノを弾いていくれていることに、ピアノ指導者として大きな喜びを感じております。

Kくん、Bravo!

嬉しい報告が届きました!

生徒のIさんから、東京学芸大学 教育学部 音楽専攻に合格したとの喜びの報告を受けました!

Iさんんが他のお教室から伊藤ピアノレッスンスタジオに移ってきて約八年。

ご両親のご意向もあり、大学は国立のみ受験という方向で、高校生になると学業と部活、塾通いと多忙な中でピアノのレッスンに励んできました。部活でコーラス部に所属していたこともあり、高校2年生になる頃に、「大学では音楽を専門に学びたい(音大ではなく)」という本人からの申し出があって、受験へと至りました。

ピアノのレッスンでは、J.S.バッハの《インヴェンションとシンフォニア》に取り組む中で「修辞学」に興味を示し、大学で更に専門的に学びを深めたいと話していました。

声楽とソルフェージュをご指導くださいました○○先生にも、衷心より感謝申し上げます。

本当によく頑張りました!おめでとうございます☆

《生徒さん・保護者の方の声》

《生徒さん・保護者の方の声》にR.H.ちゃん(小6)K.H.ちゃん(小1)と親御さんの声を追加いたしました!

R.H.ちゃん小6は、2017年4月から伊藤ピアノレッスンスタジオに通い始めました。それ以前は他のお教室に通われていました。

当教室に通い始めた時は、直感で音楽の流れや雰囲気を感じ取り、感覚的にピアノを弾く印象でした。直感と感覚だけの演奏ですと先々行き詰まることを懸念し、レッスンでは楽譜の読み方や、拍子とリズムの関係の整理。表現に必要なテクニックについて改めて取り組み、ここ最近は、それまでよりも客観的な練習と演奏に少しずつ変化してきました。

数日前のレッスンでは、曲中の上手く行かない箇所を整理し、練習の仕方を更に具体的に示し、その通りに実行し上手く弾けたときのRちゃんの納得した表情に感動しました。

K.H.ちゃん(小1)は、お姉ちゃんであるRちゃんのレッスンにお母さんと一緒について来ていて、Rちゃんのレッスン中は後方で大人しくお絵かきをして待っていました。その時の絵がとっても上手で、ピアノを弾いたら音の表情付けが上手にできるだろうなぁ。などと思っていました。

Kちゃんは、2017年10月から伊藤ピアノレッスンスタジオで初めてピアノを習い始めました。

レッスンを始めると、お絵かきを見て得ていた自由な印象とは違って、とってもまじめなお子さんであるこがわかりました。

毎日の練習をまじめにこなし、最近使い始めた『はじめてのギロック』という楽譜では、持ち前の表現力を発揮し、読譜+表現、仕上げは暗譜に一生懸命取り組んでいます。

レッスンではそれぞれの生徒さんの個性を生かしながら、「楽しく!正しく!」レッスンにを進めていく事を心がけています。

合唱コンクール

昨日の出来事になってしまいますが、近所のコンビニで用事を済ませ、帰りがけに寄ったお店で、約2年振りに元生徒(現在中3)Rちゃんに会いました。
私が声をかけると、「あーっ!伊藤先生!!」と有り難いリアクション(笑)レッスンの思い出話や近況報告に花が咲きました。
その中でも嬉しかったのが、「私、昨年の合唱コンクールで伴奏をしたんです!」そして、曲名を聞いてまたビックリ!なんと《空を駆ける天馬》というなかなか難しい曲!!(私は中2の合唱コンクールで歌いました。)

Rちゃんが教室を卒業したのが、小学校6年の3月。中学校進学に合わせて勉強と部活に集中するためでした。伴奏の練習は中2の夏休みを使って(本番は10月)部活、塾、勉強と忙しい中で並行して自力で進めたそうです。
それを語るRちゃんはどこかとても誇らしげで、大人っぽく見えました。(身長は、教室を卒業した時から2㎝しか伸びていないようですが。)
また自宅では、「たまに自分の好きな曲も弾いているんです!」「小6年までに基礎をしっかりやっておいて良かったです!!」と重ねて喜ばしい言葉が。
生徒さん一人ひとり、始める時期も教室を卒業する時期も違いますが、しっかりとした基礎力をつけておけば、教室を卒業した後も、本人の気持ち次第でピアノとの良好な関わりが継続していくことを改めて実感しました。
Rちゃん、貴重なお話をありがとう☆